サイト内にPRが含まれています

Apple Watch SEのおすすめアクセサリーと周辺機器

Apple Watch SEをゲットしました。

すぐに使いたかったのですが、充電しないと設定もできない。
充電ケーブルはあるけど、充電器がないとは知りませんでした。

さいわい、ipad pro用の充電器を持っていたので、
なんとか充電できましたが、
ないと困るものがあるとは驚きです。

また、普段使いの時計として考えたときに、
まず、最初に買っておいた方がいいなあと思うものがあります。

今回は、Apple Watch SEを買ったら、
絶対に買ったらいいアクセサリーや周辺機器について紹介します。

これらのアクセサリーや周辺機器を整えることで、
Apple Watch SEを快適に安全に使うことができます。

目次

USB-C 充電器がないと充電すらできない

Apple Watch SEを最初に買って驚くのは、
充電用のUSB-Cケーブルはあるものの充電器が付いていないことです。
最近のAppleのあるあるです。

Apple Watch SEを初期設定しようとしても、
画面が真っ暗な状態で何もできません。

まずは、充電することから始めないといけません。

たまたま、ipad ProのUSB-Cタイプの充電器を持っていたので、
それで初期充電ができたからよかったものの、
無いと購入するまで、宝の持ち腐れになります。

まずは、USB-C充電器を購入することをお勧めします。

わたしも、スマホとApple Watch SEを同時に充電できるように、新たに買い足しました。

USB-A(普通のUSB)と、USB-Cの2端子が使えるものを購入しました。

スマホの充電では、USB-Aーlightnigケーブルを、
Apple Watch SEでは、USB-CーWatch端子ケーブル(付属品)を、
使うことで、2つを同時に充電することができます。

いくつも、充電器を電源タップに挿すこと無く、
1つで済むので電源タップ周りがごちゃごちゃすることなく、スッキリします。

USB-C電源アダプタ 20W 急速充電器 Type-C PD&QC3.0対応/PSE認証/2ポート USB-A&USB-C コンセント タイプC 充電器 USB ACア

Apple Watch SEを安全に使うために

保護フィルムとケースは欠かせません。

Apple Watch SEは日々腕につけて生活します。

結構、ぶつけたり、擦ったりと傷がつきやすいです。
特に、アクティビティや激しい仕事をしていたら尚更です。

傷がつくと、せっかくのファッション性も失われ、
傷が深ければ、反応も悪くなり故障の原因にもなります。

また、将来Apple Watch SEを下取りに出して、
買い換えるときにも、査定が下がってしまいます。

やはり、保護フィルムと保護ケースは必需品です。

保護フィルム

保護フィルムは、

・画面の表面のみを保護するもの
・フチの方まで保護するもの

などがあります。

ケース無しでフィルムを貼りたいなら、後者のフチまで保護するものがいいでしょうが、
ケースも同時に揃えることを考えると、表面のみの保護で十分です。

フチまで保護されるとケースと干渉してしまうからです。

わたしが買ったのは、コスパのよかった6枚入りのものです。
フィルムは消耗品ですので、いずれ張り替えなければなりません。
なら、たくさん入っているのがいいと思ったからです。

紙のマニュアルも、日本語で丁寧に書かれていましたが、
なによりも貼り付け方動画があったので安心して貼ることができました。

親切だなと思ったのが、リング状の固定台です。

Apple Watch SEの固定台

デスクにしっかり両面テープで貼り付けた上に、
Apple Watch SEを乗せる側にも、両面テープが付いているために、
しっかりと固定してくれました。

この固定台のおかげで、フィルムを貼り付けたあと、
ぐいぐいと表面を専用のへらで押し込むのですが、
この時、安定しているため気泡をしっかりと抜くことができました。

保護ケース

保護フィルムで画面を保護できたとしても、
Apple Watch SEをぶつけたりしたときに、角に傷がついたりします。

傷を防ぐ意味でも、保護ケースは必需品です。

今回、わたしは、クリアとグリーンの2種類入ったものを買いました。

クリアは、Apple Watch SEのそのままの色合いを生かすため。
グリーンは、2023年四緑木星にちなんだラッキーカラーなため。

ひとつ失敗したなあと思ったのは、グリーンは要らなかった。
ケースの色つきは、時計としてチープな印象になったからです。

色つきを買うなら、Apple Watch SEの本体と同じものを購入した方がいいです。
例えば、ブラックとか。

今度買うときは、クリアのみにしようと思います。
カラーリングは、バンドの方でいろいろ楽しもうと思います。

2個入り Ringke Apple Watch Series 6 / 5 / 4 / SE 40mm ケース 保護 超薄型 カバー アップルウォッチ ケース Slim (Clear クリア)

Apple Watch SEを快適に使うために

Apple Watch SEは、スマートウォッチとしての機能面のすばらしさもありますが、普通の時計ではできない文字盤のデザインを簡単に自由に変更することができます。

そのため、TPOにあわせてデザインを変えるという楽しみもあります。
そんなときに便利なのが、交換バンドです。

交換バンド

交換バンドの素材には、

・シリコン
・ナイロン
・金属(ステンレス)

など、いろいろなものがあります。

今回、シリコン製とステンレス製のものを買いましたので、紹介します。

シリコン製の交換バンドは、汗をかいても染みこむことも無く、アクティビティに便利かなあと思います。

自分のラッキーカラーの入った6色で1000円前後の安いものがあったので購入しました。

カジュアルなシーンでつけることを想定して、淡い色合いのものを選びました。

バンドのカラーに合わせて文字盤のデザインを変えてみると、おしゃれでファッション性抜群ですね。

あったら便利なもの

その他にも、無くてもいいんだけど、あったらもっと便利だよね、というものをいくつか紹介します。

充電スタンド

これがあると、Apple Watch SEの置き場所に困らなくなります。

わたしが購入したのは、iphoneも同時に立てておけるタイプのもの。
これがあると配線も含めてデスク周りがすっきりします。

先に紹介した2つのUSBの口がある充電器とセットで使っています。

[Amazonブランド] Eono(イオーノ) – 2 in 1 Apple Watch スタンド スマホ ホルダー – アルミ製 卓上 充電 Applewatch Series Ultra 8

iphoneにケーブルを挿すのがめんどくさい場合は、ワイヤレス充電の可能なタイプもあります。

ケーブルの本数が減る分、更にすっきりとさせることができます。

好みで選ばれるとよいでしょう。

ケーブルレスApple Watch SE充電器

旅行時や外出時に重宝します。

というのも、Apple Watch SEは公称で18時間しか持たないからです。
泊まりで旅行に行ったら、間違いなく充電が必要になります。

既に、スマホ用でモバイルバッテリーを持っているなら、
Apple Watch専用のモバイルバッテリーを買う必要はありません。

それに、付属のApple Watch端子付きのケーブルを挿せばいいからです。

ケーブルを2本持ち歩くのが邪魔な場合は、ケーブルレスの端子を買うのが便利です。

ケーブルはiPhone・もしくはiPad用のを使えますので、かさばらず、しかも軽いです。

Apple Watch 充電器 2in1 USB-C と アップルウォッチポート アップルウォッチ マグネット式 ワイヤレス充電器 持ち運び便利 急速充電器 Portable Magnetic Charger for Apple Watch Series 8 / 7 / 6 / 5 / 4 / 3 / SE / 2

Apple Watch SE アクセサリーや周辺機器【まとめ】

Apple Watch SEを買ったら、そのままでも使うことができます。

フィルムやケースをもちいることで、
傷をつけずに保護することができます。

交換バンドをそろえることで、
TPOにあわせておしゃれに演出することができます。

充電器周りを整えることで、デスク周りをスッキリさせ、
外出時の充電も安心します。

大切なApple Watch SEを普段使いするために、
ケースや画面の保護からスタートしましょう。

そして、ファッション性を楽しむなら、
ぜひ、交換バンドも色々そろえてみては。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの管理人「ぐり」です。個人の備忘録的な情報サイトですが、訪問された方の何かお役に立てればうれしいです。

コメント

コメントする

目次