アキレス腱断裂、病院へ行く

アキレス腱断裂 リハビリ

アキレス腱を切ってしまいました。

 

事の発端は、先日(15日)、会社で健康増進の一環として縄跳びをしようということになり、夕方、縄跳びで何回か跳んだ時、着地に失敗して前のめりに転んでしまいました。

 

その時に、足を捻挫したと思い、会社でシップをして、歩いて帰宅しました。

 

翌日(16日)、捻挫の具合が1日経っても回復の兆しがなかったので、大事をとって会社を休み、病院に行くことにしました。

 

病院の整形外科で診察を受けました。

 

ベッドにうつ伏せになり、先生がアキレス腱の所やふくらはぎの所を色々と押しました。

 

「痛い!!」

 

「ここが痛いですか」

 

ふくらはぎ辺りを押しながら、「ここは?」

 

「痛くないです」

 

ふくらはぎ辺りを更にいじりながら「全然、力が伝わってないね」

 

「アキレス腱が切れてますね。切れた位置は治りにくい所です!」

 

ガーーーーン!

 

 

ショックです。

 

念のために、診察してもらって、湿布薬もらって帰るつもりで来たのに、いきなり手術が必要です、入院ですと言われました。

 

足に当て木を当てられ、といっても、実際の木を使うのではなく、

なんか、暖かい粘土みたいなものを当てられたかと思うと、

それが固まって足を固定しました。

 

その当て木と足を包帯でぐるぐる巻きにして、完全固定をしました。

 

その後、先生は内線で手術の日程の予約を入れ、

日程が決まるまでの間は、

手術のための、検査をすることになりました。

 

レントゲン、採尿、採血、心電図などを立て続けに行いました。

 

さらに、すぐに必要との理由で、松葉杖の練習までしました。

これがまた、初めて触る器具で、見るのと、使うのでは大違い。

特に、階段の上り下りが難しいです。

降りるときは、若干、恐怖を覚えるほどです。

 

リハビリの先生曰く、

 

「どうしても降りられないようなら、松葉杖を使わずに座ってお尻で降りてください。」

 

転倒して、頭を打ったり、二次被害がでるのを心配されたようです。

 

そして、手術日が決定。

 

4日後の19日(月)

 

その間は、足を固定していてくださいとのこと。

 

お風呂は、当て木を外して入っていいそうです。

 

手術後は、完全にくっつくまで当て木を外せないそうですが、今は、アキレス腱が切れている状態なので、関係ないそうです。

 

さらに意外に思ったのは、冷やす必要も暖める必要もないとのこと。

なので、お風呂では、普通に湯船に入ってもいいそうです。

 

アキレス腱が炎症を起こしているわけではないからだそうです。

 

そんなこんなで、

朝9時から13時過ぎまで、診察・検査・松葉杖の練習・会計と時間がかかりました。

 

ちなみに会計は9000円弱。

いろいろ検査したから、しょうがないね。

 

帰りは、歩けないからタクシーで帰りました。

 

つづく。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました